人のIDに侵入を試みるとか悪質な輩がいるようです。

f0132746_23315369

はぐたん森で迷う

はぐたん「はぁ、はぁ、ここは、あの場所に似ている・・・」(あの場所?)

はぐたん「前にも・・・こんなことがあったような気がする」
  
    「もう疲れたよ」はぐたんは、巨木を背に座り込み眠ってしまった。

どこからともなく蝶が現れた。

はぐたんの顔に止まったり周りを飛んでいたが、はぐたんが気づかないので

何処かへ飛んで行ってしまった。

リリスたちは、
はぐたんと別れた場所に戻ると はぐたん がいません。

リリス「まさか、森に」

森の方から蝶が、飛んできました。

蝶はリリス達を誘導するように飛んでいます。

つづく

リリスは大事そうにジュマンジを抱えている

WS000005 (1)

悪魔「何故、ボクのことを知っている?」

リリス「覚えてないの?」
51I2sVUQoVL (1)

悪魔「何も・・・」

リリス「私たちとジュマンジをして!」

悪魔「私たち?・・・ジュマンジ?」

リリス「はぐたんのことも忘れてしまったのかしら?」

悪魔「はぐたん?」「分からない」

リリス「じゃあ。カーツ・ヒルやナオキングは?」

悪魔「カーツ・ヒル・・・何故か懐かしい響きがある」
 
  「何故だろう?ナオキングという名前に不穏なモノを感じる」

リリス「記憶を取り戻しましょう。」

悪魔「記憶・・・いいだろう」

一方、10マスも離れてしまったはぐたん

はぐたん「ひろっちもリリスも何処に行ったんだろう?」

    「ジュマンジがないと先に進めない」

    「とにかく歩こう」

はぐたんが、歩き出した。

目の前に森が広がっている・・・

つづく
ギャラリー
  • 人のIDに侵入を試みるとか悪質な輩がいるようです。
  • リリスは大事そうにジュマンジを抱えている
  • リリスは大事そうにジュマンジを抱えている
  • 求人誌( 「羞恥心」 )替え歌、痴音ミク【公式】の替え歌
  • 求人誌( 「羞恥心」 )替え歌、痴音ミク【公式】の替え歌
  • 求人誌( 「羞恥心」 )替え歌、痴音ミク【公式】の替え歌
  • 求人誌( 「羞恥心」 )替え歌、痴音ミク【公式】の替え歌
  • 求人誌( 「羞恥心」 )替え歌、痴音ミク【公式】の替え歌
  • 【悪魔】ヒロ・アキ―ダ誕生
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ